Keiko Kimura is an illustrator who divides her time in New York and Tokyo. Kimura's work has appeared in magazines, newspapers, advertising , movie posters and on everthing from teacups to the side of a department store. The turning point of her career came with drawings in Figaro Japon depicting strong women. Her children's book, "Mimiko, It's OK" was published in 2007. She is an artist of RialtoPictures and a member of TIS/Tokyo Illustrators Society.

 

 

木村桂子

東京とニューヨークに居を構えて行き来する、フリーのイラストレーター。

女性誌、新聞、雑誌、広告、版画、映画ポスターなどの仕事の他、青山スペースユイ等で個展多数。80年代は時代背景も手伝って女性を力強く描いた自作版画を百貨店などで多数販売。代表作品に、朝日新聞夕刊紙連載小説 宮部みゆき著「理由」 挿絵、同著文春文庫「楽園」、文藝春秋単行本「泣き童子」の表紙、RIALTO PICTURES 映画配給会社のポスター、「死刑台のエレベーター」「卒業」「乱」

「La Notte」などがある。自作絵本「MIMIKOそれでいいんだよ」小峰書店刊。TIS/東京イラストレーターズソサイエティー会員。RialtoPictresのアーティスト。

​主なクライアント:朝日新聞社、中央公論新社、NHK出版、

新潮社、講談社、双葉社、文藝春秋社、小峰書店、世界文化社、主婦と生活社、マガジンハウス、明治製菓、内閣府、RIALTO PICTURES,DouglasElliman,他。 

 

Links:

• 古村耀子 YokoKomura(illustrator) 

    yokokomura.com

• ココマスダ Coco Masuda (print & web designer, illustrator)

    cocomasuda.com

© Keiko Kimura 2016. All rights reserved.   お問い合わせ:keikokimurales@gmail.com

  • Flickr Social Icon
  • Black Instagram Icon